中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪市改革案 敬老パス半額負担 市民に悲鳴やあきらめ

大阪市改革案 敬老パス半額負担 市民に悲鳴やあきらめ

 「半額負担は苦しい」「今のご時世、仕方ない」--。敬老パスの利用者負担や地域施設の統廃合など、市民サービスに大なたを振るった大阪市の改革プロジェクトチーム(PT)の試案。「応分の負担」を求められる市民の間には悲鳴やあきらめの声が交錯する。「役所の金の使い方を改め、教育政策などの財源にする」と改革の意義を強調する橋下徹市長。橋下流「グレートリセット」は市民の理解を得られるのか。

 「これから出す方針は、すごい案になる。僕の支持率なんて一気に下がると思いますよ」。PT試案がまとまりつつあった先月19日、橋下市長はそう述べた。試案の中でも、特に意識していたのが敬老パスだ。今月1日、代表を務める「大阪維新の会」の支援者集会では、敬老パスの半額負担案を突然披露し、来場者に賛否を尋ねた。「一番斬新なアイデアで市民感覚を測った」と橋下市長は言う。

 敬老パスを巡っては08年、平松邦夫前市長が月額5000円の利用上限などを設ける案を提示したが、市議会の猛反発を受け撤回。翌年出した修正案も賛同を得られず頓挫した。橋下市長は「予想外に支持された」と自信を持つが、利用者はどう反応するのか。

 週3回、地下鉄を乗り継いで入院中の夫を見舞う城東区の林フミさん(82)は「食費まで切り詰めているのに半額負担は苦しい。見舞いは減らせないし、孫に小遣いがやれなくなる」と落胆する。別の女性(71)も「(橋下市長は)選挙中は『敬老パスは維持する』と言っていたのに、裏切られた気分だ」と憤った。一方で、天王寺区の男性(80)は「若い人たちに負担はかけられない。このご時世では、見直しも仕方ない」と一定の理解を示した。

 PT試案は、都構想も意識し、区民センターなどの地域施設にも切り込んだ。区民センターをよく利用するという福島区の会社経営、川合善博さんは「まち歩きイベントを手がけている。もうかる事業ではないので、使用料が安く非常に助かっている。何とか維持してほしい」と話す。月3回、区民センターで茶道などを教えている堀口宗種さん(74)も「数十年ここで教えてきた。なくなっては困る」と訴えた。

 文化・芸術関係者も改革の行く末を案じる。補助金カットが打ち出された大阪フィルハーモニー交響楽団の幹部は「地域の方々に身近に感じてもらえる社会貢献に一層力を入れ、しっかり評価してもらえるように努めていきたい」。文楽協会の西口一男事務局長は「全く話を聞いていない。正式な書類を見ていないので、何も答えようがない」としている。【林由紀子、茶谷亮、出水奈美】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120405-00000033-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/05 12:27 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント