中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

進学塾 教材に教科書ほぼ引用 著作権管理法人 説明要請へ

進学塾 教材に教科書ほぼ引用 著作権管理法人 説明要請へ


 学習塾を全国展開する東証1部上場の進学会(札幌市)の教材に、国語と英語の教科書がほぼそのまま引用されていることが3日、分かった。教科書会社から著作権管理を委託されている一般社団法人「教学図書協会」(東京都江東区)は、進学会が許諾を得ないまま無断利用した疑いがあるとみて、説明を求める方針だ。
 同協会によると、引用が確認された進学会の教材は、中2英語の1冊、小6・中1国語の2冊ずつで計5冊。
 表紙に「東」「教」と記され、それぞれ東京書籍、教育出版の教科書に対応。文学作品などが同じ順番で掲載され、関連する出題が添えられていた。目次も教科書通りだという。
 教科書に載っている文学作品などの著作権は作家側にあるが、各学年に合わせた書き換えや題材の選択を経ており、全体の著作権は教科書会社にある。塾が教材に引用するには教科書会社側の許諾も得て、使用料を払わなければいけない。
 同協会は、無断利用が確認されれば、過去の使用料や反則金の支払いなどを求める可能性があるとしている。
 進学会は取材に対し、「担当者が席を外している」としている。 



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120403-00000050-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/05 06:08 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント