中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中学校 ダンス 必修化

中学校 ダンス 必修化

文部科学省からの引用です。

平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し、

新学習指導要領では中学校保健体育において、

武道・ダンスを含めたすべての領域を必修とすることとしました。

武道は、武技、武術などから発生した我が国固有の文化であり、

相手の動きに応じて、基本動作や基本となる技を身に付け、

相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって、

勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です。

また、武道に積極的に取り組むことを通して、

武道の伝統的な考え方を理解し、

相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動です。


ダンスは、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」で構成され、

イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して

仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、

仲間とともに感じを込めて踊ったり、

イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。


以上です。

今年から中学校現場では、

男子もダンスに励むんですね。

これも時代の流れでしょうか。


技術科に「情報基礎」が導入されたのが懐かしいです。

今では当たり前のようですが。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント