中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

教員採用試験 中学校 技術 実技 模擬授業

教員採用試験 中学校 技術 実技 模擬授業

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックして頂くと「ランキング順位」が上がります。
できるだけ多くの方に「中学校の技術科」を知って頂きたいのでクリックをお願いします!

コチラです ⇒ 人気blogランキング


              


  ↑ ↑ ↑ 参考にどうぞ


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


教員採用試験は、各自治体で趣向を凝らした内容ですね。

最近では、大卒一発内定ななかなか厳しいようです。

教員採用試験に何回も挑戦して

栄冠の内定通知をいただくのが当たり前のようです。


中でも、学科試験以上に実技、

特に模擬授業を重視している自治体が多いようです。

わかる気もします。


教師は「授業で勝負!」、「授業で生徒指導!」ですからね。


さて、模擬授業の審査ですが、

共通する重要な視点があります。


それは、相手の目をちゃんと見て授業をする。


当たり前のようですが、

模擬授業の審査員というか生徒役は

教育委員会事務局の指導主事か、

教育委員会事務局経験者の校長です。


受験者としては、やりにくいでしょう。

視線が合うとなると・・・。


だからこそ、堂々と視線を合わせて授業を展開しないと。

これが、審査結果を左右します。


              


  ↑ ↑ ↑ 参考にどうぞ


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックして頂くと「ランキング順位」が上がります。
できるだけ多くの方に「中学校の技術科」を知って頂きたいのでクリックをお願いします!

コチラです ⇒ 人気blogランキング

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント