中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

技術科 教員採用試験 試験対策 勉強方法

技術科 教員採用試験 試験対策 勉強方法

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックして頂くと「ランキング順位」が上がります。
できるだけ多くの方に「中学校の技術科」を知って頂きたいのでクリックをお願いします!

コチラです ⇒ 人気blogランキング


              


  ↑ ↑ ↑ 参考にどうぞ


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


とんかちにとっては、随分前の話ですが。

毎年、夏休みになると新規の教員採用試験がありますよね。


各教科の専門はもちろんですが、教職教養も問われます。

例えば、法規、教育心理、教育原理、教育史、教育方法など。

それと、水泳も必須になってますね。

もう一つ。模擬授業や集団討論もですかね。


それよりも中学校技術科採用試験ですが。

とんかちの頃は、教育実習が5月~6月上旬にあって

実習後から本格的に教員採用試験の勉強を始めました。


最初は、機械工学や電気・電子工学などの

難しい内容が出題されるだろうと思ってました。

もちろん、それなりに勉強はしましたよ。


頭が飽和状態でいたところに、

先輩から市販の期末テスト対策用の

中学生向け用の問題集取寄せたか?

と電話がきました。


何のことかさっぱりでしたが、

先輩言うには、試験問題作成するのは、

県教育委員会事務局の技術科指導主事だから、

大学レベルの難しい問題は作れないぞというわけです。


なるほどと思って、近所の大型書店に行って

書棚をみると、運よく国語、数学、社会、・・・と

期末試験対策用の中学生問題集が並んでました。


その中に、技術科問題集が並んでました。

さっそく、技術科問題集を買って勉強です。


試験前1週間でしたが、

今思えば、この問題集があったからこそ試験合格したようなものです。

              


  ↑ ↑ ↑ 参考にどうぞ


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックして頂くと「ランキング順位」が上がります。
できるだけ多くの方に「中学校の技術科」を知って頂きたいのでクリックをお願いします!

コチラです ⇒ 人気blogランキング



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント