中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文部科学省 35人学級 予算

文部科学省 35人学級 予算

中学校も40人から35人にクラス定員が実現すれば、

少しは指導しやすい環境になるかもしれません。

文部科学省は、

子どもたちにきめ細かな指導を行うため、

来年度から5年間かけて、

公立の小中学校のすべての学年を1クラス35人以下の少人数学級とする方針で、

来年度予算案の概算要求に必要な経費を盛り込むことにしています。

文部科学省は、

小中学校の学級規模の見直しを進めていて、

諮問を受けて検討を行ってきた有識者会議のメンバーが、

6日、高井文部科学副大臣に提言書を提出しました。

この中では、現在は公立小学校の1・2年生で導入されている、

いわゆる「35人学級」について、

児童1人1人に対してきめ細かい指導が可能になり効果的だなどとして、

公立の小中学校の全ての学年に広げるよう求めています。

こうしたことから、文部科学省は、

教師が子どもたち1人1人と向き合う時間を十分に確保する必要があるとして、

来年度から5年間かけて、

公立の小中学校の全ての学年を1クラス35人以下の少人数学級とする方針となりました。

このため、来年度から5年間で教職員を3万人程度増やす考えで、

来年度増員する分について、

来年度予算案の概算要求に必要な経費を盛り込むことにしています。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント