中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<迷子インコ>住所話し帰宅 飼い主「教育実り」喜びの対面

 「迷子」になって神奈川県警相模原北署に保護されたセキセイインコが、自分の「住所」をしゃべり、2日、飼い主の高橋文江さん(64)=相模原市緑区=のもとに戻り、喜びの対面をした。



 インコは雄2歳の「ピーコ」。先月29日朝に開いた鳥かごから逃げ出し、直後に市内のホテルで見つかって同署に届けられた。1日深夜に突然、「サガミハラシハシモト……」と住所を番地まで話し始めた。

 ピーコは高橋さんが2年前の母の日、長男(39)から贈られた。別のインコが数年前に「家出」した経験から、住所などを教え込み、今は電話番号や孫4人の名前も話せる。教育が実った。【宗岡敬介】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000088-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/05/04 00:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント