中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<関越道バス事故>関東運輸局、陸援隊を再監査

 国土交通省関東運輸局は2日午前、関越道でバス事故を起こした「陸援隊」(千葉県印西市)に対し、道路運送法に基づく特別監査を再び始めた。4月30日にも実施したが、運行管理者でもある針生裕美秀(はりうゆみひで)社長(55)が不在だったため、今回は針生社長立ち会いの上、再監査している。



 同局の担当者約10人は午前9時ごろ到着。1階の同社事務所や3階の針生社長の自宅、敷地に駐車しているバスや車庫の調査に入った。運転手教育や運行管理などの状況について、針生社長から事情を聴くほか、日報などの記録と実際の運行実態との整合性についての調査を進める。

 また、最初の監査では、乗務前後に運転手の健康状況を記録する点呼簿や事故当日の運行指示書が見つかっておらず、確認を急ぐ。

 一方、成田労働基準監督署などの担当者4人も2日午前、同社運転手の勤務実態の調査に入った。連続運転時間が適切だったかどうかや健康管理状況を調べる。事故後、同署は2回調査に入ったが、針生社長不在のため、3回目の調査に入った。【黒川晋史、斎藤良太、橋本利昭】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000023-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/05/02 18:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント