中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近畿弁護士市長会発足へ、橋下市長からは…

 弁護士資格を持つ近畿の市長が連携し、法律の知識を行政施策に生かそうと、「近畿弁護士市長会」の発足準備を進めている。

 近畿にいる7人のうち、泉房穂・兵庫県明石市長(48)や越直美・大津市長(36)ら6人が参加予定で、11日に懇話会を開いて活動内容などを話し合う。医師らでつくる首長の集まりはあるが、弁護士市長会は全国初という。

 市職員に弁護士資格を持つ5人を採用するなど法務の充実を図る泉市長が発案。ほかに獅山(ししやま)向洋・滋賀県彦根市長(71)、浜田剛史・大阪府高槻市長(47)、酒井隆明・兵庫県篠山市長(57)、山下真・奈良県生駒市長(43)が加わる。大阪市の橋下徹市長(42)に打診したが、橋下市長からは懇話会を欠席するとの連絡があったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000223-yom-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/05/02 09:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント