中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早期退職の促進セミナー検討=求職支援会社紹介も―国家公務員の人件費削減で総務省

 総務省は1日、国家公務員の総人件費削減策の一環として、早期退職を促すための職員向けセミナーを、2013年度から全国で開催する方向で検討を始めた。また、早期退職を希望する職員への再就職支援策として、民間の求職支援会社を紹介し、職員が個人契約できる制度づくりも検討しており、いずれも13年度予算概算要求への反映を目指す。
 セミナーは、民間会社に委託し、生涯生活設計をテーマに、全国に勤務する40代後半以上の職員を対象に開く予定。全府省の職員を対象とする方針だ。
 政府は、高齢職員の数を減らすため、定年前の退職者に退職手当を上積みする「希望退職制度」の創設に向けた検討を本格化させている。一方、「制度ができても、職員の心構えがなければ、うまくいかない」(政府関係者)として、職員に対し、早くから今後の働き方について考える機会を提供する必要があると判断した。 



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000011-jij-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/05/02 03:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント