中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

医学生 教育機能 特定機能病院 要件 厚労省検討会

医学生 教育機能 特定機能病院 要件 厚労省検討会

 厚生労働省の「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」(座長=遠藤久夫・学習院大教授)は26日に会合を開き、特定機能病院の承認要件をめぐり議論した。多くの委員から、医学生や研修医を教育する機能を求めるべきとの声が上がった一方で、医師不足などの地域性を考慮すべきとの意見もあった。

 特定機能病院には、高度な医療の提供や医療技術の開発、医療に関する研修が求められており、現行の承認要件には、「高度の医療に関する臨床研修を適切に行わせる」「臨床研修を修了した医師・歯科医師に対する専門的な研修を実施する」などがある。承認を受けているのは84病院。80の大学病院のほか、国立がん研究センター中央病院などで、現在も大学病院以外から承認が申請されている。

 日本医師会長に就任した横倉義武氏に代わり、同日から検討会に参加した中川俊男委員(日医副会長)は、特定機能病院の承認を受ける医療機関が増えていることについて、「特定機能病院に承認されると、経済的なインセンティブがある。是正しないと医療費偏在が深刻だ」と述べた。一方で、「大学病院本院には、学生の教育という重大な使命があり、ほかの特定機能病院と比べて負担があることには配慮しなければならない」との認識を示し、承認要件に医学生の教育を入れることを提案した。
 邉見公雄委員(全国自治体病院協議会長)もこれに賛同し、「高度な診療や研究は、やろうと思えばいろんな病院でできる。特定機能病院の在り方を見直すのに、医師の教育・研修を主な論点に絞った方がいい」と述べた。

 一方、森山寛委員(東京慈恵会医科大附属病院長)は、医学生や研修医の数に要件が設けられると、医師不足が深刻な地域で、承認を受けられない大学病院本院が出ることを懸念。地域の特性に応じて、要件を緩和するなどの措置を取るべきと指摘した。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000003-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/30 00:58 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント