中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トキ 自然界 ふ化 新潟県佐渡市

トキ 自然界 ふ化 新潟県佐渡市

 36年ぶりに放鳥トキの自然界でのふ化が確認された新潟県佐渡市。住民が続けてきたトキ保護の活動を子どもたちに伝える取り組みが進み、人とトキとの「共生」に向け将来の担い手が育ち始めている。【宮地佳那子】



 ◇田の生物から環境学ぶ

 同市新穂正明寺(にいぼしょうみょうじ)の市立行谷(ぎょうや)小学校(川上治男校長、児童数67人)。1965~67年、市内で保護された野生のトキ計4羽を飼育した経験があり、トキの生態などを学ぶ環境保護教育に力を入れている。合言葉は「佐渡の空に再びトキを」だ。

 減農薬の米作りをしている「佐渡とき保護会」副会長の土屋正起さん(61)は、使っていない田んぼ約4アールを同小児童に開放。教職員らがビオトープを作り、土屋さんが水や草を管理する。初夏になると、子どもたちが生き物調査にやってくる。泥だらけになってドジョウ、カエルなどに触れ、時にはヒルに吸い付かれることも。

 トキは明治以降、乱獲で急速に数が減少。戦後は農薬使用で餌場が減るなどし、さらに激減した。放鳥トキの本格的な野生復帰には生息環境の改善や意識啓発が不可欠だ。土屋さんらは子どもたちに体験を通し、トキの生息環境を守ることの大切さを伝えている。同小は校庭でもミニビオトープを作っている。

 また市内の「トキの森公園」では、同小の3~6年児童がボランティアガイド「トキ解説員」を務めている。観光客や県内外の修学旅行生に、トキの生態や魅力を紹介するのが役割だ。

 子どもたちはトキ保護に携わる環境省職員らから話を聞いて絶えず最新の情報を収集している。ひなのふ化が初確認された日の翌23日は、同省の川瀬翼・自然保護官(30)が来校、ひなの様子を写真とともに紹介した。

 6年の本間日那(ひな)さん(11)は「教えてもらったことを解説員として早く伝えたい」。大橋英樹教頭(46)は「ひなの誕生でトキや環境への子どもたちの関心がさらに高まっている」と喜ぶ。

 子どもたちとビオトープ作りを進める同市の農業、高野毅(たけし)さん(68)は「幼いころ、夕焼け空に飛ぶトキを『また明日も来いや』と叫んで見送った。生活の中でトキと出会う素晴らしさを伝えたい」と話す。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000017-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/29 15:58 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント