中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

千葉登校男児死亡 目を開けて 母絶叫 歩車分離なく

千葉登校男児死亡 目を開けて 母絶叫 歩車分離なく

 バスを待っていた保護者や近所の人によると、山田君は今年入学したばかり。一列に並んだ4人のうち、山田君が最も道路寄りでバスを待っていたところ、館山市中心部へ向かう青い軽ワゴンが、スピードを落とさないまま右カーブを曲がりきれず突っ込んできた。車は車体下部に山田君を巻き込み、さらに十数メートルほど進み、ブロック塀に衝突するなどして止まったという。

 すぐに近所の人が集まって山田君を車の下から助け出した。「ドーンという大きな音と悲鳴がした。地震かと思い外に出た」という近所の女性によると、数人の男性が軽ワゴンを持ち上げて山田君を救出したが、意識はなかったという。

 近くの自宅にいた主婦(65)は「ドン」という音の後、女の人の泣きわめく声を聞いて現場に駆けつけたところ、山田君とみられる男の子が道路に横たわっていたという。「女の人が男の子に覆いかぶさって『お母さんだよ! 目を開けて!』と泣き叫んでいた。本当にかわいそうだった。運転手の男性は車の下にあったランドセルを引っ張り出すと、土下座して母親に謝っていた。後はどうしていいかわからない様子で裸足でうろうろしていた」と振り返った。

 事故現場近くに住む女性(78)は「通行量の多い道ではないが、歩道が車道と分離されていないので、子供は特に注意してほしいと思っていたところだった」と話した。

 館山市教育委員会によると、バスを待っていた4人はいずれも低学年の児童で、普段から一緒に登校していたという。

 集団登校の列に車が突っ込む事故が相次いでいることから、平野博文文部科学相は27日の閣議後会見で、全国の通学路の安全状況について各教育委員会を通して報告を求める考えを示し「意見交換しながら通学路の安全に取り組みたい」と語った。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000035-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/27 12:00 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント