中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地域医療支援病院 議論 長期化 厚労省検討会

地域医療支援病院 議論 長期化 厚労省検討会

 厚生労働省の「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」(座長=遠藤久夫・学習院大教授)は26日の会合で、地域医療支援病院が求められる機能をめぐり議論した。委員からは、救急体制のほか、地域の医療従事者の教育や、医師の代診などが挙がったが、意見はまとまらなかった。遠藤座長は「特定機能病院の議論よりも、地域医療支援病院の議論の方が難しく、時間もかかる印象だ」と述べ、議論が長期化することに懸念を示した。

 同検討会では、特定機能病院と地域医療支援病院のあり方を並行して検討している。
 特定機能病院をめぐっては、同日の議論で、医学生の教育などを要件に入れる方向で委員の多くが一致した。しかし、地域医療支援病院に関する検討は、どのような病院を地域医療支援病院として認めるべきかについて、意見を積み重ねるにとどまった。

 特定機能病院に比べ、地域医療支援病院をめぐる検討が遅れている理由の一つには、両者の承認体系の違いがある。特定機能病院を厚労相が承認し、同省が病院に年1回の報告を求めているのに対し、地域医療支援病院の承認は都道府県知事が行っているため、データが厚労省に集まっていない。
 同省は、地域医療支援病院の実態調査を予定しており、まず調査項目の議論を検討会に求めているが、同省の担当者は、「なるべく早く調査したいと思うが、現時点では見通しが立てられない」としている。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000004-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/27 09:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント