中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金環日食 観測 相模原市 小学校 登校時間変更

金環日食 観測 相模原市 小学校 登校時間変更

 相模原市は25日、5月21日の金環日食を全ての小学生が家庭や学校、地域で安全に観測できるよう、市立小全72校の登校時間を前後に変更すると発表した。神奈川県秦野市も市立小全13校で始業を1時間遅らせる。文部科学省によると、学校単位で観察会を予定するところはあるが、自治体単位で一斉に取り組むのは珍しいという。



 相模原市教育委員会によると、市内で金環日食が観測できるのは午前7時31~36分で、午前8時前後に始業する小学校の登校時間と重なる。路上観察による事故などを防ぐため、各校長の判断で登校時間を設定する。57校が時間を早めて校庭で観察し、通学バスや交通混雑の関係で15校は登校を遅らせて家庭や地域で見てもらう。

 市は小惑星探査機「はやぶさ」を開発した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の相模原キャンパスがあり、「宇宙のまち」を目指している。金環日食に向け、全児童約2万7000人に黒いフィルムを張った観察スコープも配布する。【高橋和夫】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000073-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/26 00:52 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント