中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JR福知山線脱線事故 遺族 藤崎さん 韓国地下鉄事故遺族 交流 

JR福知山線脱線事故 遺族 藤崎さん 韓国地下鉄事故遺族 交流 

 平成17年4月に兵庫県尼崎市で乗客106人が死亡、500人以上が負傷したJR福知山線脱線事故は25日、発生から丸7年を迎えた。

 韓国・大邱(テグ)市で起きた地下鉄火災の遺族ら9人が兵庫県尼崎市の事故現場を訪れ、長女=当時(40)=を亡くした大阪市城東区の藤崎光子さん(72)に「公共交通の安全のために一緒に頑張りましょう」と声をかけた。

 大邱地下鉄火災は放火が原因で2003(平成15)年2月、192人が死亡。藤崎さんは地下鉄火災をきっかけに作られた防災教育施設「大邱市民安全テーマパーク」を21年6月に訪れ、遺族らと面会した。肉親を助けられなかった苦しみを分かち合ったという。

 大邱市の施設では、焼け焦げた事故車両やすすけた公衆電話などがそのまま展示されていた。驚く一方、誰もが事故の現実に触れられる施設があればとの思いを強くしたという。

 この日、藤崎さんは「事故から7年たっても、つらい思いは変わらない」と話した。地下鉄火災で19歳の長女を亡くした黄(ファン)明(ミョン)愛(エ)さん(56)は「一度ついた傷は二度と消せない。同じ遺族として、再びこのような事故が起こらないようにしなくてはいけない」と語った。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000572-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/25 18:51 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント