中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第70期名人戦七番勝負第2局 森内 新手の金打ち 2日目 午前9時 対局 再開

第70期名人戦七番勝負第2局 森内 新手の金打ち 2日目 午前9時 対局 再開

 新潟県長岡市の長岡グランドホテルで24日始まった、第70期名人戦七番勝負第2局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、長岡市、長岡市教育委員会、第70期将棋名人戦長岡実行委員会後援)は、午後6時半、森内が68手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は羽生3時間46分、森内4時間3分。2日目は午前9時に対局を再開する。



 2期連続7期目の防衛を目指す森内が連勝するか、2期ぶり通算8期目の獲得がかかる羽生がタイに追いつくか。角換わり相腰掛け銀になった第2局は、昼食休憩まで56手進む速い進行になった。

 午後になって、森内は飛車を切り、手にした金を敵陣に打ち込んで攻めを続けた。互いに長考の末の着手もあり、局面が緊迫する。

 解説の飯塚祐紀七段は「2七金(62手目)が森内名人の新手で、飛金交換の駒損の上に金を一見ソッポのようなところに打つのですから、相当な用意があるのでしょう。駒得の羽生王位は息長く受ける方針です」と語った。【山村英樹】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000095-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/24 21:45 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント