中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アグリフィーチャージャパ 日本農業経営大学校 東京都 開校

アグリフィーチャージャパ 日本農業経営大学校 東京都 開校

 食品企業や農業団体などが参加する社団法人「アグリフィーチャージャパン」(東京)は23日、次世代の農業経営者を育てる「日本農業経営大学校」を来春都内に開校すると発表した。高齢化の進展や耕作放棄地の増加など農業を取り巻く環境が厳しい中、国際的な視野や一般企業と同様な経営能力を持った人材を育成するのが狙い。
 同社団法人は2月に設立。食品・流通企業、全国農業協同組合連合会(JA全農)、日本農業法人協会など200を超える企業や団体が会員となった。学校経営の他、農業従事者教育に関するセミナーの開催や調査研究を手掛ける。理事長の浦野光人ニチレイ会長は開校について「日本の農業を持続可能性のある産業にしたい」と述べた。
 大学校は、文部科学省所管の教育機関ではなく、私塾的な学校。学生数は20人で、9月以降募集を始める。2年間の全寮制で、講師として先駆的な農業経営者や学識経験者らを予定する。授業料は未定だが、国公立大学並みを計画する。 



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000097-jij-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/24 06:46 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント