中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

聴覚障害者 就労支援 企業向けDVD製作

聴覚障害者 就労支援 企業向けDVD製作

 耳の不自由な学生の就職を支援し、受け入れる企業側のコツを紹介するDVDを「日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク」が製作した。一般企業に就職する聴覚障害学生が増えているが、周囲とうまく意思疎通が図れず離職率が高いとされる。同ネットは「聴覚障害者の能力を生かす環境作りをしてほしい」と呼びかけている。

 DVDは、聴覚障害のある新入社員が、上司の指示した資料作成の期日を正しく把握できなかった例を紹介。聴覚障害者は健常者の口元を見て話の内容を理解しているケースが多いことから、企業側に対し「口元を見せて話す」「大事な要点はメモで伝える」とアドバイスしている。

 ネットワークの事務局を務める筑波技術大(茨城県つくば市)の磯田恭子特任助手は「聴覚障害者が大事なことを聞き漏らしたと知らず、企業側が『ミスが多い』『仕事ができない』と評価する場合もある。聴覚障害者も『聞こえない』とはっきり伝える姿勢が必要」と話している。

 2000枚を大学や企業に無料配布している。問い合わせはネットワーク事務局(029・858・9438)。【山内真弓】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000041-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/21 06:29 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント