中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国立科学博物館 つくば 総合研究棟 自然史標本棟開所

国立科学博物館 つくば 総合研究棟 自然史標本棟開所

 国立科学博物館は20日、茨城県つくば市天久保に建設した総合研究棟と自然史標本棟の開所式を行い、両棟を関係者に披露した。東京都の新宿分館にあった400万点を超す膨大な資料や標本を全て標本棟に移転。動物や地学なども含め研究部門はつくばに一本化する。都内には、上野地区の展示施設と目黒地区の自然教育園のみとなる。

 科博が収集する標本などが年々増え、新宿分館が手狭になったため。両棟は科博の筑波実験植物園の隣にあり、8階建て延べ床面積各約1万平方メートル。総工費は計約75億円。標本棟には特注の移動棚を多用し、効率的に収蔵できるよう工夫した。【安味伸一】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000096-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/20 21:37 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント