中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国歌斉唱 不起立 停職・減給処分 不起立教員 一部取り消し 東京都教育委員会

国歌斉唱 不起立 停職・減給処分 不起立教員 一部取り消し 東京都教育委員会

 卒業式の国歌斉唱で起立しなかったことを理由に懲戒処分を受けたのは不当として、元教員の男性が東京都教育委員会と都に処分取り消しを求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。古久保正人裁判官は「減給以上の処分は裁量権の範囲を超える」として、都教委に減給・停職処分の取り消しを命じた。戒告処分の取り消しと損害賠償請求は退けた。

 判決によると、元教員は八王子市内の中学校に勤務していたが、平成18~21年度の卒業式で国歌斉唱時の起立を拒否。職務命令に違反したとして、それぞれ戒告▽減給10分の1(1カ月)▽同(6カ月)▽停職1カ月-の懲戒処分を受けた。

 古久保裁判官は起立命令について「許容される程度の必要性、合理性が認められる」として、合憲と判断。不起立が懲戒事由にあたるとの見解を示した上で、減給以上の処分は「重きに失する」と指摘した。

 最高裁は1月、同様の処分取り消しを求めた上告審判決で、「戒告処分までは基本的に懲戒権者の裁量の範囲」とする初判断を示している。

 都教委の大原正行教育長は「戒告にかかる判決については都の主張が認められたと考える。今後とも職務命令違反には厳正に対処していく」とコメントした。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000603-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/20 00:45 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント