中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

全国学力テスト 参加8割 理科 初実施 2年ぶり

全国学力テスト 参加8割 理科 初実施 2年ぶり

 小学6年生と中学3年生を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が17日、一斉に行われた。昨年度は東日本大震災の影響で、希望校への問題配布にとどまったため、2年ぶりの実施。全小中学校の3割を抽出する方式になって2度目だが、自主参加を希望する学校も多く国公私立全体で81.2%が参加した。今回は従来の国語と算数・数学に加え、初めて理科も実施された。

 平野博文文部科学相は記者会見で「理科の学習意欲が低いとされており、調査を通じて理科離れの実態をみていきたい」と語った。

 文科省によると、抽出校は全体の30.5%にあたる9709校、希望参加校は50.7%の1万6159校で、計2万5868校の約178万8000人が参加。東日本大震災の被災地では間借りや仮設校舎など教育環境が悪く、学力低下が起きていないかも注目される。

 文科省は今夏をめどに、都道府県別の平均正答率などを公表する。希望参加校は市町村教委や学校などで採点する。文科省によると、成績集計の対象として抽出された千葉市の公立中1校が、抽出外の希望参加だと勘違いして17日にテストをしなかった。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120417-00000623-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/18 09:41 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント