中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

技術・家庭科と「学校訪問(指導主事訪問)」

今週の家内はいつもと違って、慌てふためいている気がします。

★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


怖いので、こっそり聞いてみると、来週が学校訪問だからみたいです。


学校関係者でならピーンときますよね。

そうです。

市(町、村)教育委員会計画の指導主事訪問があるようです。


指導主事が訪問して授業参観するから、

いつもの授業とは違うっていうのはおかしい気もしますが、

反面、分かる気もします。

でも、通常どおりに授業を展開すればいいわけです。


校長としては、学校訪問(指導主事訪問)があるからと、

いろいろな理由付けとして都合がいいようです。


指導主事(数人)は、全員の授業を分担して参観します。

その際は、学習指導案を前夜に熟読?し、当日参観するわけです。

授業参観中は先生方を評価します。わずかな参観時間なのに。

全員の先生方が学習指導案を提出してくれればいいのですが、

全員提出とはいかない学校もあります。


このような場合は、「非常事態」といって、

教育委員会と校長とのやり取りの対応がマニュアル化しています。


昼の休憩中は、諸表簿(出勤簿、指導要録、出席簿など)の点検です。

適切に処理されているかを分担して短時間で点検し、

点検後は教頭先生を校長室に呼んで指導します。


また、午後は授業研究会、課題研究協議会があります。

指導主事は、時間通りに

全員の先生方が出席されているか人数を数えます。

遅れてきたり、不参加者がいれば、チェックします。

これも「非常事態」です。

協議会中は、各先生方の取り組む姿勢や発言内容をチェックします。



そして最後は、10分程度の指導助言を行います。

たった10分間で、訪問先の学校の課題解決の一助となる

お話をします。先生方はありがたくお話を頂戴し、

ノートに記録します。

ま、時にはトンチンカンな、的外れな指導助言をする

指導主事もいましたが・・・。


つまり、指導主事訪問(学校訪問)の主たる目的は、

「人事」にあります。

校長、教頭、教諭、養護教諭、という職種の先生方の人事です。


ちょっとした時間に、校長先生は指導主事らに要望を言います。

そろそろ教頭先生を校長に、教務主任の先生を教頭に、

来年は、僻地校から○○先生がおりてくるから欲しい、

○○先生を教育委員会に送りたい、などなど。


というような具合で、教育委員会としても、校長としても

実際に先生方の勤務状況(授業、学級経営、学校経営等)を

観察できるわけですから学校訪問は便利です。


とんかちも学校訪問の時は、幾分ですが緊張やら、

いやな気分で授業した気がします。

一番の思い出は、新卒1年目の授業で、

普段はラフな格好の先生方もネクタイにスーツと言われるので、

当然、私もネクタイ締めて、背広服姿で授業しました。


昼の休憩中に校長室に呼び出しです。もちろん口頭注意です。


理由は、ネクタイ締めて、背広服姿で授業したからでした。

あなたは、技術科の先生なんだから、技術科教師としての

ちゃんとした授業服で授業に臨みなさいとお叱り受けました。


そうなんです。当日の授業は、

技術室での「木材加工Ⅰ」の材料取りの場面でした。

ありがたいお叱りでした。


その指導主事が言うには、教科は社会科で、技術科は門外漢ですが、

私たち指導主事は全教科にわたり指導助言がまわってくるから

それなりの勉強はしてますし、

それぞれの教科について誰よりも理解しようと努めていますよ。

と最後に言われました。返す言葉もありませんでした。



ところで、

新型インフルエンザは、

まだまだ流行っているようですね。

私の家内は、小学校低学年の担任してますが、

授業中はマスク着用して授業しているようです。

最近、その話聞いてビックリです。

技術科の授業ではどうなんでしょうか。

マスクして実習しているのでしょうか。

実態をお知りの方いましたら知らせてください。



人気ブログランキングに参加してます!☆★☆★☆★☆★



クリック応援お願いします!


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★

[ 2009/11/11 11:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント