中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高校教科書検定 samurai 福沢諭吉 法隆寺 小野小町 ソーラン節 伝統・文化

高校教科書検定 samurai 福沢諭吉 法隆寺 小野小町 ソーラン節 伝統・文化 

 新学習指導要領では、伝統や文化に関する教育の充実を求められたことから、今回合格した高校教科書には、「samurai」や法隆寺など象徴的な伝統・文化が随所に登場した。

 コミュニケーション英語Iでは、「samurai」や福沢諭吉が英語を学ぶプロセスが取り上げられた。数学IIIでは雨水が短時間で流れるよう屋根を設計した法隆寺の五重塔の写真を載せ、音楽Iでは北海道民謡のソーラン節、家庭総合では、全国の郷土料理が取り上げられた。

 国語総合では小野小町の「花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせしまに」など古今和歌集や万葉集の和歌を掲載。俵万智さんらの近現代の短歌、コブクロと森山直太朗さんの「さくら」の歌詞も取り上げ「日本の文化における桜のありようを探ってみよう」と呼び掛けた。

 新指導要領では「英語の授業は英語で指導することを基本」とされたため、コミュニケーション英語Iで、ほとんど日本語がない教科書も登場する一方、従来通り日本語で説明する教科書も。教科書会社は「どこまで英語で教えるかは先生が生徒の力に合わせて決めるべきだ」と話す。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120328-00000521-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/17 02:27 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント