中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

全国学力テスト 17日実施 対象  小学6年生 中学3年生 8割超参加 初の理科

全国学力テスト 17日実施 対象  小学6年生 中学3年生 8割超参加 初の理科

 小学6年生と中学3年生を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が17日、実施される。昨年度は東日本大震災の影響で、希望校への問題配布にとどまったため、2年ぶりの実施。今回は従来の国語と算数・数学に加え、初めて理科が実施される。国費で行う3割の抽出対象校と希望参加校を合わせ、全国の8割超が参加する見込み。

 全国学力テストは平成19年度に、43年ぶりに全員参加方式で復活したが、民主党政権下の22年度からコスト削減などを理由に3割を抽出する方式に変更。抽出対象外の学校は、希望すれば問題の無償提供を受けて参加することができる。

 文部科学省によると、抽出対象校は全小中学校の30・5%に当たる9709校、希望参加校は同50・7%の1万6159校で、計81・2%に当たる2万5868校が参加する。前回より7・7ポイントの増加で、全公立小中学校が参加する都道府県も、秋田や茨城、富山など21県にのぼり、前回より8県増えた。

 今回は、小中学生の「理科離れ」が指摘されていることなどから理科を初めて実施する。ただ、児童生徒らの負担増に配慮し、3年に1度行う予定だ。

 また現行の抽出方式について、教育界から全員参加方式に戻すべきだとの声が強く、文科省は「数年に1度は市町村、学校などの状況も把握することが可能なきめ細かい調査の実施が必要」として、25年度は全員参加方式で実施される。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000088-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/16 09:34 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント