中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

技術・家庭科研究大会(地区大会)

技術・家庭科研究大会(地区大会)

★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


秋本番ですね。

元中学校技術科教師であるので、

この季節になると研究大会のことが思い出されます。

若い頃から、欠かさず県の研究大会には出席し、

自らも研究発表や研究授業の公開をしぶしぶ?頑張りました。

でも、研究大会に参加することで、

授業の進め方や教材活用など本当に勉強になったものです。

中堅になり、県研究部の研究部長になると、

県外の研究大会に参加する機会も増えました。

でも、各県順番、当番制の地区大会も自分が在任中に回ってきました。

県下技術・家庭科の先生方の先頭に立って、

研究推進、研究大会に多忙な毎日だったことが良き思い出となっています。


この、全国各地区の研究大会が10月~11月にかけて実施されます。

技術科の存在をアピールする1つの場でもあります。

ぜひ、技術科の先生方だけでなく、

一般の方にも周知を図り、

技術科を理解していただける大会にできないものでしょうか。



以下、本年度の各地区大会日程を紹介します。

北海道大会(網走市):11月7日


東北大会(岩手県):10月30日~31日


関東甲信越大会(長野県兼全国大会):10月23日~24日


東海北陸大会(富山県):10月16日~17日


近畿大会(和歌山県):11月12日


中国四国大会(広島県):11月13日~14日


九州大会(佐賀県):11月21日



そういえば、各地区の研究大会もですが、

各地区を統括?する全国大会も実施されます。

私は、地区大会の研究部長で大変だったわけですが、

全国大会を受け持つ研究部長さんはもっと大変なことと推察します。

くれぐれも、所属する学校の学級経営、部活動指導、教科指導が

おろそかにならないように、健康に留意しながら頑張ってください。


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★
[ 2009/10/12 09:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント