中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

立川6億強奪初公判 日月警備保障 3被告 傷害 否認

立川6億強奪初公判 日月警備保障 3被告 傷害 否認

 東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所から現金約6億円が奪われた事件で、犯行を計画し、強盗傷害罪などに問われた清掃業小沢秀人(42)(住所不定)、トラック運転手藤沢千秋(41)(羽村市)、自動車販売業亀治中博之(41)(立川市)の3被告の裁判員裁判の初公判が12日、東京地裁立川支部であった。

 3被告は強盗の事実を認めたが、「(実行犯が)暴力を振るったり、けがをさせるとは考えていなかった」と傷害については否認した。

 検察側の冒頭陳述によると、事件のきっかけは、小沢被告が栗原崇被告(42)(強盗傷害罪などで起訴)から得た「タタキ(強盗)ができる警備会社がある。窓が壊れており、警備員は抵抗しないよう教育されている。金庫には億単位の金がある」などの情報。これを藤沢被告を通じて知った亀治中被告が、別の被告を介して実行犯に強奪を指示したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120412-00001247-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/13 06:06 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント