中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

洋風カツバーガー 新潟 ご当地グルメ 中学生 コラボ開発

洋風カツバーガー 新潟 ご当地グルメ 中学生 コラボ開発

 新潟県長岡市で親しまれているご当地グルメの洋風カツ丼をヒントにした「洋風カツバーガー」が今春、市内のコンビニエンスストア「セブン-イレブン」27店舗にお目見えし、新しい地元の味覚として好評だ。これは新潟大教育学部付属長岡中3年、勝山円佳(まどか)さん(14)とセブン-イレブン・ジャパン(本社・東京)が共同開発したオリジナル商品。売れ行きの良さに同社は早くも販路拡大の検討を始めた。

 長岡市役所が入るシティホールプラザ「アオーレ長岡」。オープンした今月1日にセブン-イレブンアオーレ長岡店が洋風カツバーガーを売り出すと、2時間足らずで用意した300個が売り切れる騒ぎとなった。

 「おかげさまで大盛況です」と同店の北国真哉オーナー。順調な売り上げが続き、看板メニューの誕生に相好を崩した。

 洋風カツバーガーの誕生は勝山さんが2年生だった昨年の社会創造科の授業で「ブランド」をテーマに選び、地元の大手通り地区の活性化を図るため、同市に6月、「アオーレ長岡のオープンに合わせて、自治体、企業と連携して地元の食材を活かした名物作り」を提言したことがきっかけ。

 同市はアオーレ長岡に出店する同社に話を持ちかけると、同社も快諾。勝山さんと同社、市の3者が協議を重ね、具体的な地元産の食材を検討する中で、洋風カツ丼をアレンジする方向が固まり、洋風カツを使ったおにぎりやサンドイッチなどの試作品作りを繰り返した末、バーガーを採用することに決定。オリジナルのデミグラスソースも開発して今年3月初旬、やっと完成にこぎつけた。

 仕上がった洋風カツバーガーは、洋風カツとゆで卵、チーズをはさみ、デミグラスソースをたっぷり添えた一品。1個280円(税込み)で、ボリュームも十分だ。

 同社長岡地区事務所の永田裕二責任者は「洋風カツバーガーは味、品質ともお客さまに受け入れられ、リピーターも付いている。アオーレのオープン、中学生とのコラボも話題になり、売れ行きも好調なので、どの市町村まで販売を拡大するか、エリアを検討している」とうれしい悲鳴。

 勝山さんは好調な売れ行きに「店に置いた数の4~5割(売れれば)と思っていたのでびっくりです。今回のことを受け、商品の売られる過程、開発から販売まで関わることができてよかった。最初の目的は大手通り(商店街)に元気を取り戻すことだったので、これをきっかけに村上から湯沢、糸魚川まで長岡名物の洋カツを、本場に食べに来てほしい」と話している。

 洋風カツバーガー作りをバックアップした同市市民協働推進室の江田綾子総括主任は「洋風カツバーガーがアオーレのブランド性を高める1つになればうれしい。定番商品として末永く販売できれば」と話している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120412-00000539-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/12 12:50 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント