中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界平和研究所 大学改革試案 大学定員削減 英語授業推進

世界平和研究所 大学改革試案 大学定員削減 英語授業推進

 公益財団法人「世界平和研究所」(会長・中曽根元首相)は9日、入学定員の大幅削減や英語での授業推進などを柱とする「大学改革試案」を発表した。

 試案は「日本復活の鍵は高等教育の再生が握っている」とし、世界に通用する質の高い高等教育の実現を目指し、大学の抜本改革を提言。短期大学を含めて1000校を超える日本の大学は淘汰(とうた)が必要とし、併せて入学定員の削減も求めた。

 「世界標準の大学教育」の実施に向け〈1〉英語での授業や討論〈2〉9月入学〈3〉卒業単位の厳格認定――を掲げた。学生が長期間、就職活動に専念せざるを得ないような状況も改めるべきだとした。また、大学教員のレベルアップも不可欠とし、教員資格に任期を設けることや、学生や第三者に教員の指導内容を評価させる制度の導入が必要だとした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120410-00000143-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/11 09:26 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント