中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平松前大阪市長 シンクタンク設立 次期市長選

平松前大阪市長 シンクタンク設立 次期市長選

 平松邦夫・前大阪市長の後援会「元気ネット大阪」の政治資金パーティーが7日、大阪市内であり、平松氏や、昨秋の市長選で平松氏を支援した大学教授らを中心にシンクタンク(調査研究機関)「公共政策ラボ」を設立することを明らかにした。今夏に約100人で本格始動する予定。平松氏は「(市長選で)52万票をいただいた人たちの思いを受け継ぐ」と次期市長選の候補者擁立に関わる意向を表明。状況によっては自ら再出馬する可能性もにじませた。

 シンクタンクは、平松市長時代に特別顧問を務め、橋下徹市長の教育政策に批判的な神戸女学院大名誉教授の内田樹氏や、文化人類学者の中沢新一氏、評論家の森田実氏ら10人が呼び掛け人として名を連ねる。「地方自治は何をなすべきか」をテーマに提言をまとめるという。

 シンクタンクは橋下市政を監視する目的もあり、平松氏は橋下市政について、「大事なものを削られることが大阪市民として寂しい。誰のため、何のためという視点が抜けており、今後じっくり検証したい」と述べた。【津久井達】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120407-00000095-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/08 03:30 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント