中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

千葉・柏市 26年ぶり 小学校新設 生徒「伝統と歴史築きたい」

千葉・柏市 26年ぶり 小学校新設 生徒「伝統と歴史築きたい」

 千葉県柏市に今年度から市立柏の葉小学校が新設され、5日に開校式が行われた。同市に小学校ができるのは26年ぶりで42校目。区画整理の影響でマンションが建設されたことなどに伴う人口増に対応するため、平成20年度から建設計画が進められていた。

 同校の敷地面積は約8千平方メートルで、校舎や体育館など延べ床面積は約9600平方メートル。教育環境への配慮のため、高窓からの自然採光や自然換気が確保され、省エネのため太陽光発電設備も導入した。

 開校式には、この春入学する1年生を除く2~6年生の約190人が出席。秋山浩保市長が開校宣言をした後、佐藤進校長が「新しい学校のすばらしさを味わいながら、元気いっぱい勉強、運動を頑張っていきましょう」とあいさつした。

 一方、近隣の小学校から転入することになった6年生の柴田陸君は「学校を盛り上げ、伝統と歴史を築いていきたい」と話していた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120406-00000537-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



[ 2012/04/07 00:50 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント