中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

救急車 隊員 病院に常駐 横須賀市消防局

救急車 隊員 病院に常駐 横須賀市消防局

 神奈川県横須賀市消防局は、市立うわまち病院、市立市民病院、横須賀共済病院と協力して26日から、救急車と救急隊員を病院に常駐させる派遣型救急ワークステーションを県内で初めて開始する。

 隊員が病院で実習を行うほか、医師を救急車に乗せて出動することも可能で、市消防局と医療機関の連携を図ることで救急体制の向上を目指す。

 市消防局の救急隊員102人が参加、3人1組で平日午前8時半~午後5時15分、3病院のいずれか1か所に常駐する。隊員は病院を救急医療の教育拠点として、医師から最新知識や技術を学ぶ。また、救急車に医師を同乗させて現場に行くことで、医師が直接治療したり、隊員が医師から指示を受けて処置したりすることが可能になる。

 昨年9月から今年3月までの80日間の試行期間では、127件の出動回数のうち89件で医師が同乗した。昨年12月には、けいれん発作が続いて呼吸困難になった女性(68)に対し、先着救急隊が気道を確保、医師が薬を投与してけいれんを治めたケースがあったという。同10、11月には、50歳代と60歳代の男性が低血糖発作で意識障害を起こしたが、医師のブドウ糖投与で意識が戻ったという。

 市消防局は、「すべての救急隊員が最新の教育を受けることで、市民に対する救急活動の質の向上につなげたい」としている。(光尾豊)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120406-00000303-yomidr-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




[ 2012/04/06 21:51 ] ◆ 教育ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント