中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文科相、上海日本人学校を視察 「高等部、法整備含め支援を」

 【上海=河崎真澄】平野博文文部科学相は4日、在外日本人学校として世界で初めて高等部が昨年4月に設置された中国の上海日本人学校を視察し、「教員派遣や法整備を含め文科省として物心両面で検討する必要がある」と述べ、支援を拡大する考えを示した。

 上海市内で2カ所に分かれた同校は今年4月段階の在籍者数が3155人と世界最大の日本人学校。日系企業による上海への駐在員急増に伴い、昨年4月比で425人も増えた。高等部には102人が在籍しているが、文科省からの財政支援などは義務教育の小中学部に限られるため、高等部は企業からの寄付や授業料だけで運営されている。

 平野文科相は「家族帯同して安心して海外で働いてもらうためにも必要性がある」として、新校舎の建設についても「対応していきたい」と話した。上海総領事館に文科省から職員を初めて派遣する意向だ。

 平野文科相は上海市内で5日開かれる日中韓文化相会合に出席するが、その席で、「日中韓が都市間で文化交流を行う新たな構想を提案したい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120505-00000096-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト
[ 2012/05/05 09:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント