中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!
-別アーカイブ  [ 2009-02- ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学習指導要領!

学習指導要領!

★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


現在の技術・家庭科の授業(必修として)では、

中学1・2年生は、年間70時間、

中学3年生は35時間の時間数で、

各学校が教育課程を編成しています。


年間70時間の授業?

1週間に2時間ということになり、

年間35時間の授業は、1週間に1時間ということです。


ここで、前回のぼやきになりますが、

あくまでも技術・家庭科としての授業時数であって、

1教科の中に「技術科」と「家庭科」が同居しているわけです。


というわけで、技術科の授業はそれぞれ半分の

中学1・2年生は、年間35時間(1週間に1時間)、

中学3年生は、年間17.5時間(1週間に0.5時間)

となるわけです。


平成20年3月告示の学習指導要領改訂は、

技術・家庭科が発足した1958年から6回目になります。


これまでの経緯を見る限りにおいては、

改訂の度に「生産技術」の概念は薄れ、

「生活技術」の概念が明確になっています。


また、度重なる学習領域と時間数の削減であり、

前回(平成10年12月告示)改訂では学習領域(※1)が消滅しました。


しかも、以前は選択領域であった「情報基礎」が、

現行では「情報とコンピュータ」として大きな比重を占めています。


これまでの学習指導要領との対比で、

まず、現行(平成10年版)学習指導要領の

特徴と問題点についてぼやきます。


●授業時数の大幅削減

1989年度版中学校学習指導要領での技術・家庭科の週授業時数は、

中学1・2年は2時間、中学3年は2~3時間であったのが、

それぞれ2時間、1時間となりました。これは冒頭で述べましたが。

完全週5日制に向けた時間数削減という事情を認めたとしても、

小中学校の教科に割り当てられる6759時間の中で、

技術科教育に当てられる割合は、僅かに1.3%の状況になります。

技術・家庭科が発足した1958年中学校学習指導要領では、

「男子向き」「女子向き」の区別はあったものの、

各学年3時間であったことと比較すれば1/3以下になります。


●技術分野と家庭分野の2分野に設定

1989年度版では、技術・家庭科は単一教科なので、

技術科と家庭科の各領域を区別なく並べ、

全ての生徒が履修する領域と

それ以外の領域に分けているところに特徴がありました。

これに対して、現行では、単一教科としての共通の目標は設けているものの、

「技術分野」と「家庭分野」で構成し、

「技術分野」「家庭分野」それぞれの「目標」を

別個に明記している点が重要な特徴です。

つまり、1989年度版中学校学習指導要領と比較した場合、

技術科と家庭科それぞれの目標(独自性)が形式的ではあるが、

相対的に明記された点は評価できます。


●技術分野の内容構成

これが現行の最も重要な特徴、というか問題点です。

これまでの教育課程編成での基本的枠組みであった

教育内容のあるまとまり、すなわち「領域」が無くなり、

単なる学習大項目(内容)の列挙による表示になったことです。

つまり、領域があれば、今電気の勉強とか今木材加工の勉強とか

目的意識が持てるのに対して、

領域が無くなると、教師も子どもも今何を勉強しているのかという

目的意識が薄くなるという可能性が考えられるからです。

大げさに言うと、教師・生徒、保護者にとって

技術科としての学問的背景が不明確になり、

単なる「ものを作るだけの時間」と認識されてしまうということです。


とまあ、ぼやいていたのですが、

平成20年3月告示の学習指導要領には、

領域という名称ではないものの、

しっかりと、学習する内容のまとまりとして、

A:材料と加工に関する技術
B:エネルギー変換に関する技術
C:生物育成に関する技術
D:情報に関する技術

が明記されました。なぜかホッとしました。

まさに、失われた10年間でした。


なぜ失われた10年間って?

技術科教育に関する関係研究機関は、これまでにもずっーと

それぞれ名称が若干異なるものの、

技術科固有の学習内容を提言していて、それらと照らし合わせてみると、

上記のABCDにピッタンコカンカンだからです。


なんで、平成10年版で、あっさりと領域が消滅してしまったのか、

未だに解せませんが・・・


※1 領域

例)1989年版(平成元年)

「A:木材加工」「B:電気」「C:金属加工」「D:機械」

「E:栽培」「F:情報基礎」

「G:家庭生活」「H:食物」「I:被服」「J:住居」「K:保育」

A~Fが技術科となります。



先を見通しプランを構想する力、あるいは段取り力などなど。

他にも表現ありそうですが・・・

企画や構想設計に携わる仕事関係者には必要な力ではないでしょうか。

いきなり就職してから研修で身につけさせる?

何を言いたいのかと。

まさに技術科の授業で大事にしたい、育てたい力が、

先を見通しプランを構想する力じゃないかなと

最近、特にそう思えて仕方ありません。


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★
スポンサーサイト
◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント