中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!
カテゴリー  [ 大阪 絶対評価と相対評価 メリット デメリット ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪 絶対評価と相対評価 メリット デメリット

大阪 絶対評価と相対評価 メリット デメリット 


大阪といえば、最近は警察官や教師の不祥事が絶えない。

そんな中、久しぶりに評価が話題になっている。

大阪府教委は30日午前、教育委員会議を開き、全国で唯一相対評価を採用している公立中学3年の内申書について、絶対評価に見直すことを正式決定した。

相対評価絶対評価かについては、

両者ともにメリットデメリットがある。

今後、中学や高校の校長らの意見も聞きながら、移行時期や、学校や教員の間で評価のばらつきを抑える仕組みを検討する。従来内申書に含めなかった中学1、2年生の成績の取り扱いも協議する方針。

 府内の多くの公立中では、通知表には絶対評価を採用しているが、高校入試で合否判断の材料となる中学3年の内申書は、10段階の相対評価を用いている。

 橋下徹・大阪市長が、相対評価では、学力差がある学校に通う生徒を比較した際に評価が実力を反映せず不公平だと批判。府教委は他府県の評価方法を比較検討した上で、「成長を促すのは絶対評価」と結論づけた。

 ◇教員の主観で左右されやすい欠点も

 絶対評価への移行により、生徒の内申点は、各自の努力や取り組み姿勢に応じて評価できるよう見直される。一方、学校ごとに評価分布が偏ったり、教員の主観で左右されやすい欠点があり、問題を解決しようと取り組む自治体は多い。

 千葉県では、各中学の内申点の平均点を算出。評価が甘い中学の生徒の内申点は低めに、厳しい中学の生徒は高めに補正し、学校間での不公平の軽減に努めている。東京都では中学校ごとに内申点の分布状況を公開し、評価が甘すぎれば区市町村教委が指導する。

 絶対評価導入に伴い、生徒の学力差を的確な高校選択につなげるため、橋下徹・大阪市長は中学1、2年を対象に府内統一テストを実施して入試結果に反映させるよう主張。しかし府教委は30日「事実上の入試の前倒しになる」と実施しない方針を決めた。一方、松井一郎知事は高校選びの判断材料となる統一テストには前向きで、進路指導などの参考資料とする目的で行うかどうか今後検討する。


スポンサーサイト
◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント