中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!
カテゴリー  [ トンカチでトントン ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トンカチでトントン

------■ トンカチでトントン

★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


トンカチでトントン、トントン、トントン・・・

これは、技術室から聞こえてくる響きのよい音色です。


時には、ノコギリでギコギコ、ギコギコ、ギコギコ・・・


あるいは、カンナでシュルッ、シュルッ、シュルッ・・・

でも、最近はカンナの音色はないかも。

代わりに、ヤスリでゴシ、ゴシ、ゴシ・・・かな。


毎年、必ずといっていいほど、技術室が好きな生徒がいます。

技術室特有の雰囲気が好きなのでしょうか。

学級の誰よりも必ず早くきて、

休み時間なのに、道具の準備を手伝ってくれます。


私は、授業中の生徒の目の輝きと、

生徒の手と道具が醸し出す音色が大好きです。


ところで、トンカチでトントンですが。

ただ、闇雲にトントンさせているわけではありません。


もちろん、扱う材料は木質材料、いわゆる木材です。

勤務校の事情によって、

ヒノキやスギ使ったり、ナラやセン使ったり、いろいろです。


木は生命体です。無味乾燥な材料ではありません。

生きていた証があります。


でも、木が私たちの身の回りに使用されている光景を見ると、

加工された板材、角材に変身してます。

いくら、学校の壁や床の材料に木が使用されていても、

生徒には、その木そのものの実態を理解させることはできません。


いくら、学級担任の先生が、この学校の壁や床には

地元産のスギ、ヒノキを使用していますと力説してもです。

臭いは感じ取らせることはできるかも・・・


第7号では、ノコギリでギコギコでした。

今回の第10号は、トンカチでトントンです。


何をぼやきたいのか。

その材料のもつ硬さ、柔らかさ、脆さなど、

つまり、性質そのものについては、

手をとおしてこそ実感できる、認識できるということです。

手は、頭同様に大切な認識器官だということです。


技術科の授業では、

何で今のご時世にトンカチでトントンさせているのか・・・

そこのところを第三者から

一体どう思われているのだろうかとぼやきたいのです。


もちろん、生徒たちのトントン、ギコギコの動作脈略には、

授業者の意図が反映されています。


材料のもつ特性については、

教科書、資料集、実物、実験、観察等を活用して、

視聴覚器官をとおして学習します。


そこでは、

細胞、年輪、繊維方向、比重、針葉樹、広葉樹、生育環境・・・

いろいろと学習します。


でも、だからそれらが材料の性質にどう関わっているのか

となると、実際に手を使って、道具を使って、

トントン、ギコギコしてみてわかるわけです。


トンカチでトントン(叩く)、

ノコギリでギコギコ(切断する)という動作で、

感じ取る、認識するわけです。


どのくらいの強さでトントンすれば割れないか、

ノコギリの引くときの角度をどうすればいいか、

割れるのは何故か、材料によって硬さが違うのは何故か・・・

全ては、細胞、年輪、繊維方向、比重、などなど・・・


技術科の教師は、このようなことを頭に入れて、

授業展開しています。


子どもたちは、ものづくりが好きです。

すごく興味を示します。

だからこそ、ただ単なるものづくりにならないように気をつけたいものです。


ぼやきたくないですが、

くれぐれも子供たちの手の活動を停滞させないようにしましょう。

手は、頭同様に大切な認識器官ですので・・・


でも大丈夫です。願いします。信じます。

全国で奮闘されている先生方の活躍を。


We say,we hope,we believe,yes,we can!




ご存知のように、技術科の授業は理科や音楽、美術と

同じく特別教室、いわゆる技術室で授業します。

生徒たちの学習意欲と技術室の環境整備は密接に関係します。

それは、掲示物、製作品見本、模型、教材・教具などの

設置の工夫です。

ただし、これ以上に大事な環境整備があります。

それは、安全管理です。

工作機械、工具等の管理です。

危険だから、安全管理上使用させない、ではNGです。

技術科だからそこ、安全教育ができるわけです。

きちんと環境整備された技術室は、

生徒たちが安全について学ぶ格好の教室です。

老婆心ですが、

工作機械、工具の手入れと管理は、抜かりないようにしましょう。



★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★

スポンサーサイト
◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント