中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

技術・家庭科と考古学

前に、卑弥呼の宮殿跡か、邪馬台国論争に決着か

などの見出しで記事を書きましたが、

テレビでもありましたね。

確か、「世界不思議発見」だったでしょうか。


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


技術が先か科学が先かと大それたことは言えません。

ただ、歴史的にみても、

古代の建築構造物遺跡などの調査結果から

人間の手によって作られたことは間違いありません。

古代人は、おそらくテコを使って

重いものを動かしたりしたと考えるのが妥当では。

でも、力のモーメントや力学的法則が体系化される以前のことですから、

経験的にテコの原理が使われてきたのでしょう。


話はさらに遡って、

中学生の頃に習った打製石器はどうでしょうか。

ただ闇雲に石を割って製作したのでしょうか。


割れる方向を認識しているからこそ、

巧妙な石斧(せきふ)や石鏃(せきぞく)などが

製作できたのではないでしょうか。

それと、用途に適した材料についても認識があったと考えられます。

例えば、石鏃の材料である黒曜石です。


石鏃の原材料である黒曜石は、

日本の何箇所にしか産出されていなくて、

さらに産地ごとに特徴があるそうです。


でも、遺跡から出土する石鏃の材料である黒曜石をよく観察すると、

明らかに遠方で産出される黒曜石だったりします。


当時にも流通の概念があったと推測できます。

黒曜石の塊(かたまり)が物々交換されてたのかどうかは

わかりませんが、

遺跡から出土する黒曜石の破片をつなぎ合わせると

1つの塊になってしまいます。

明らかに、石鏃を製作する過程で飛び散った黒曜石の破片です。


他にもあげればいろいろあると思いますが、

大昔の人たちは、

生きる上で生活に必要な技術を

何らかの方法(経験的?)で習得していたわけです。


当時の人の「技術」はすごいと感心します。

まさに、生きるために生活に必要な技術です。


「技術」といえば、

高度に発達した現代の「技術」にスポットが当たるし、

実際の授業の中でもそうでしょう。



でも、「技術」は、いつの時代であれ人間が生きる上で

生活に必要な技術として発達してきたものである以上、

教材の拠り所として、

考古学分野も教材研究の対象にしてみてはいかがでしょうか。

すでに、やっているぞ・・・と言われればそれまでですが。




政治的話としてでなく、

単なるボヤキとして聞いてください。

政権党がチェンジしたからでしょうが、

教員免許更新制はどうなるんでしょうか。

すでに受講した先生方もいるというのに。

もう一つ、大学院まで卒業しないと先生になれないんでしょうか。

免許更新にしろ、免許取得修業年限引き上げにしろ、

そんな小手先の制度改革で教員の質が確保できるのかって。




人気ブログランキングに参加してます!☆★☆★☆★☆★



クリック応援お願いします!


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★
スポンサーサイト

昔とった杵柄と情報教育

ご無沙汰しておりました。

元中学校技術科教師の「とんかち」です。

★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


子どもたちにとって、中学校だけにある

技術・家庭科(特に技術科)の授業は学ぶ意義があるのか。

単なる元中学校技術科教師の「ぼやき」ですから・・・



------■ 昔とった杵柄と情報教育

平成元年告示の学習指導要領に「情報基礎」が

選択領域として導入されました。

当然、とんかちも夏真っ盛りの時期に、

教育課程研究集会とかやらに出席して、技術科の指導主事から、

導入の背景や指導内容・方法等について話を聞かされました。

会場(教室)内を見渡すと、

幅広い年齢層の技術科の仲間たちがいました。

とんかちは、当時は若い部類に入ってたので、

学校に情報教育(学校教育全体として行う)が

入ってくること自体にはあまり抵抗はありませんでした。

でも、その時の雰囲気を思い出すと、

やはり、年配の先輩教師には違和感があったような気がします。


退屈で、汗びっしょりで終わった教育課程研究集会でしたが、

その後が大変でした。


国、県による「情報基礎」の研修です。

県の研修では、1週間で詰め込み、

国の研修では、10日間で詰め込みでした。

そして、終了証としてB5判の紙切れ1枚をもらいました。

その直後に、「これで、あなたたちは情報基礎、

そして各地区における情報教育のリーダーですから・・・」

と言われてビックリしました。

そんなものかなと。でも現実を考えると、

子供たちを前にしての授業がはじまるわけです。

先生がわからないでは済まされないので、必死で自前で勉強しました。

当然、やらされる研修より効率があったのは言うまでもありません。


そんな状況でしたが、町教育委員会から、情報基礎導入を前に、

空いている普通教室を改築して、

パソコン教室を作りたいと連絡があって、

当時の校長は、うちには専門家の技術科の先生がいるからと

任せていただきたいと軽く返事したようでした。

後で聞かされて、それからまた必死に勉強です。

パソコン教室のレイアウトから、

必要備品、消耗品・・・と。

当時は、パソコンは2人で1台の時代でした。

フロッピーディスク(3.5インチ)でソフトが起動していた時代です。

まだ、授業でホームページについて取り上げることはなかったです。

というか、まだ普及されてなかったので。

当然、パソコン教室は、調べ学習とかでは効果がなかったです。

それ用のソフトを購入しないといけなかったので。


こんな状況で、はじまった「情報基礎」の授業でした。

また、学校教育全体をとおして行う情報教育なんて無理でした。

実にお粗末な内容でした。


そんな自分が、現在は、情報活用能力を発揮して、

生計を立てていこうとしているわけですから・・・


まさに、昔とった杵柄とかなんやらです。

この続きは次号でまた。



情報活用能力の育成という言葉も、当時は頻繁に登場しました。

あるいは、情報リテラシーの育成も。

昔からの「読み・書き・そろばん」にもじって、

情報の「処理・加工・発信」もよく議論されました。

でも、時代は変わっても、「読み・書き・そろばん」は、

一番重要な基礎・基本です。


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★

技術・家庭科の全国規模のテスト

技術・家庭科の全国規模のテスト

★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★

とんかちが管理する下記ブログに、

普段は訪問者が10名程度の寂しい、このブログなんですが、

3/25~27にかけては、にぎわいました。


理由は、Yahooニュースの教育部門で、

記事に関連するブログということで、

掲載されたからです。


とんかちも油断してました。

とういうか、記事そのものは朝刊で見てたのですが、

まさか、ブログに反映されているとは、

すぐには気づきませんでした。

ネット上での情報の広がりはすごいですね。

改めて、実感しました。


ところで、その記事ですが、下記に一部引用させてもらいます。


★ ここから 

文部科学省国立教育政策研究所は25日、

中学3年を対象にした

技術・家庭科テスト(特定課題調査)の結果を公表した。

実技テストでは、9割がのこぎりで木材を適切に切断できたが、

ほつれたズボンのすそなどを縫うまつり縫いは半分以下しかできなかった。

食生活などについて知識を尋ねる問題では、一部で課題も浮かんだ。

調査は07年10~11月、

無作為抽出した全国497校の約1万6000人を対象に実施。

技術・家庭科の全国規模のテストは41年ぶり、実技テストは初めて。


木材を指定された線に沿って2種類ののこぎりで切るテストには

約3000人が挑戦し、

誤差が2ミリ以内におさまるなど適切に切った生徒は92~93%だった。


まつり縫いには別の約3000人が挑戦し、

適切に縫うことができたのは46%だった。

大根のいちょう切りには約1000人が挑戦。

厚さ5ミリ以下という指定通りに切ることができた生徒は77%だったが、

輪切りにしてから4等分した生徒が半数を超え、

同研究所は「先に縦4等分するのが望ましい。

効率的で安全な切り方を考えさせる指導が必要」とした。

★ ここまで


以上が、Yahoo!ニュースからの引用でした。

読んでみて、どう感じられたでしょうか。


調査の詳細は、下記で見ることができます。

http://www.nier.go.jp/kaihatsu/tokutei_gika/index.htm


私の場合は、ぼやきですから、

正直言って、

記事は、技術・家庭科という1つの教科なんだけど、

家庭科の比重が大きいなと感じました。


技術科に関して、書かれている記事は、

ノコギリでギコギコだけ。

指定された線にそって、

誤差2mm以内で切れた生徒が92~93%だった

と、たったそれだけでした。


ただ、ここで勘違いしないでくださいね。

技術科の先生方には、さすがと言いたいです。


何をぼやいているのか。

技術科と家庭科の記事を占める割合が、

あまりにも家庭科偏重であるということです。


記事を見た、一般の方に、

少しでも、技術科の存在を広く知ってもらう格好の機会だったのに、

上記の内容だけとは・・・


第7号でも、ノコギリが登場してますが、

先生方の授業をとおして、

誤差2mm以内の生徒が92~93%という結果なんです。

この結果は、すばらしいです。

でも、そこだけに目を向けてほしくありません。


その結果に至るまでには、

材料や工具の特性、あるいは工具の歴史、

工具の機能、材料と切削の関係、などなど・・・

いろいろな、知識を体系化させ、適切な工具を選択させ、

適切に切るための切削角度、姿勢、方法、などを

手という認識器官を通して、体験させるわけです。


「材料」と「加工」の技術を一般化させるために、

ノコギリ、トンカチ、カンナ、ノミ、etc・・・という

具体的工具を授業で取り上げて、日々授業実践しているわけです。


技術科の教師は、このようなことを頭に入れて、

授業展開しています。


子どもたちは、ものづくりが好きです。

すごく興味を示します。

子どもたちの興味・関心を大切にしながらも、

技術科は、ただ単なるものづくりをさせている教科ではなくて、

学問を背景にした技術科なんだ

ということを知ってもらいたいぼやきでした。


でも大丈夫です。願いします。信じます。

全国で奮闘されている先生方の活躍を。


We say,we hope,we believe,yes,we can!




ご存知のように、4月1日から新年度が始まります。

校長先生をはじめ、教務の先生方の頭を悩ませるのが教育課程編成です。

身近に実感できるといえば、時間割づくりでしょうか。

学習指導要領をもとに、生徒数、学級数、先生方の専門教科などなど

いろいろな要素を組み合わせて作成するわけです。

ここで、大規模校もいろいろと難題があるのですが、

小規模校の場合は大変です。

教科の数は、9教科です。

でも、技術・家庭科は1教科2免許です。

ですから、9+1=10ということです。

当然、先生の数が10人以下という学校が多数存在します。



★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★

トンカチでトントン

------■ トンカチでトントン

★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


トンカチでトントン、トントン、トントン・・・

これは、技術室から聞こえてくる響きのよい音色です。


時には、ノコギリでギコギコ、ギコギコ、ギコギコ・・・


あるいは、カンナでシュルッ、シュルッ、シュルッ・・・

でも、最近はカンナの音色はないかも。

代わりに、ヤスリでゴシ、ゴシ、ゴシ・・・かな。


毎年、必ずといっていいほど、技術室が好きな生徒がいます。

技術室特有の雰囲気が好きなのでしょうか。

学級の誰よりも必ず早くきて、

休み時間なのに、道具の準備を手伝ってくれます。


私は、授業中の生徒の目の輝きと、

生徒の手と道具が醸し出す音色が大好きです。


ところで、トンカチでトントンですが。

ただ、闇雲にトントンさせているわけではありません。


もちろん、扱う材料は木質材料、いわゆる木材です。

勤務校の事情によって、

ヒノキやスギ使ったり、ナラやセン使ったり、いろいろです。


木は生命体です。無味乾燥な材料ではありません。

生きていた証があります。


でも、木が私たちの身の回りに使用されている光景を見ると、

加工された板材、角材に変身してます。

いくら、学校の壁や床の材料に木が使用されていても、

生徒には、その木そのものの実態を理解させることはできません。


いくら、学級担任の先生が、この学校の壁や床には

地元産のスギ、ヒノキを使用していますと力説してもです。

臭いは感じ取らせることはできるかも・・・


第7号では、ノコギリでギコギコでした。

今回の第10号は、トンカチでトントンです。


何をぼやきたいのか。

その材料のもつ硬さ、柔らかさ、脆さなど、

つまり、性質そのものについては、

手をとおしてこそ実感できる、認識できるということです。

手は、頭同様に大切な認識器官だということです。


技術科の授業では、

何で今のご時世にトンカチでトントンさせているのか・・・

そこのところを第三者から

一体どう思われているのだろうかとぼやきたいのです。


もちろん、生徒たちのトントン、ギコギコの動作脈略には、

授業者の意図が反映されています。


材料のもつ特性については、

教科書、資料集、実物、実験、観察等を活用して、

視聴覚器官をとおして学習します。


そこでは、

細胞、年輪、繊維方向、比重、針葉樹、広葉樹、生育環境・・・

いろいろと学習します。


でも、だからそれらが材料の性質にどう関わっているのか

となると、実際に手を使って、道具を使って、

トントン、ギコギコしてみてわかるわけです。


トンカチでトントン(叩く)、

ノコギリでギコギコ(切断する)という動作で、

感じ取る、認識するわけです。


どのくらいの強さでトントンすれば割れないか、

ノコギリの引くときの角度をどうすればいいか、

割れるのは何故か、材料によって硬さが違うのは何故か・・・

全ては、細胞、年輪、繊維方向、比重、などなど・・・


技術科の教師は、このようなことを頭に入れて、

授業展開しています。


子どもたちは、ものづくりが好きです。

すごく興味を示します。

だからこそ、ただ単なるものづくりにならないように気をつけたいものです。


ぼやきたくないですが、

くれぐれも子供たちの手の活動を停滞させないようにしましょう。

手は、頭同様に大切な認識器官ですので・・・


でも大丈夫です。願いします。信じます。

全国で奮闘されている先生方の活躍を。


We say,we hope,we believe,yes,we can!




ご存知のように、技術科の授業は理科や音楽、美術と

同じく特別教室、いわゆる技術室で授業します。

生徒たちの学習意欲と技術室の環境整備は密接に関係します。

それは、掲示物、製作品見本、模型、教材・教具などの

設置の工夫です。

ただし、これ以上に大事な環境整備があります。

それは、安全管理です。

工作機械、工具等の管理です。

危険だから、安全管理上使用させない、ではNGです。

技術科だからそこ、安全教育ができるわけです。

きちんと環境整備された技術室は、

生徒たちが安全について学ぶ格好の教室です。

老婆心ですが、

工作機械、工具の手入れと管理は、抜かりないようにしましょう。



★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★

技術科の授業と「他者との相互作用」

技術科の授業と「他者との相互作用」

★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


アメリカの心理学者アルフィ・コーン氏は、

著書「競争社会をこえて」の中で、次のように述べています。

競争的な学習より協力的な学習の方が効果的であると。

そして、競争は大人や教師らが子供たちに教えた結果として獲得すると。


ところで、一晩中考えて、練りに練って、作り上げた企画が、

翌日の会議で、すったもんだの末に、

驚くほど中味の濃いものに生まれ変わったという経験はありませんか。

学生、研究者であれば、ゼミ、学会、卒論、修論、博論・・・

技術者であれば、商品開発の過程で・・・


ようするに、他者との相互作用の産物として、

よりよい企画書に、論文に、商品になるというわけです。

決して、独りよがりの考えではないということです。


ここで、知っておいてもらいたいことがあります。


技術科の教師は、ものづくりを通して教育ができます。

決して、子供たちに行き当たりばったりで

ものづくりをさせてはいません。


ものづくりのプロセスには、「設計・計画」という局面があります。

技術科の授業もこれと全く同じです。

例え、製作するものが「本立て」であろうと、

必ず「設計・計画」という局面があります。

この局面で、先の見通しを立てさせながら、プランを練らせます。

結果として、プランは材料表、工程表、図面に反映されます。


そして、製作・実習という局面では、絶えず調整と修正を加えます。

もちろん、一人ではできません。

よりよいものに完成していくために、

グループの中で、互いに意見を出し合いながら、

討論し、協力し合いながら、

最初に自分が立てたプランに調整と修正を加え、

自分の考えたプランを再構成しながら、

完成に向かっていくわけです。


テレビでも取り上げられ認知度が高くなった

「ロボットコンテスト」もそうです。

派手なコンテスト光景に目が奪われますが、

コンテストに参加するまでのプロセスがまさに、

他者との相互作用です。協力的な学習の効果そのものです。


このようなプロセスを技術科の授業では体験できます。


この一つ一つの体験が積み重なっていくことで、

体験が経験化され、認識形成になっていきます。


もちろん、教師の手腕によりますが・・・

ここで、大事なのが、ものづくり教育に携わる技術科教師の姿勢です。


教える側が何を想定してものづくりをさせるかが大事です。

極端な言い方をすると、「本立て作りが上手になる」はNGです。


「技術科は無くても良い」と言われても反論できません。

「介護ロボットの設計」「エコカーの設計」ぐらいを想定すべきである。


つまり、技術科の教師は、日々の授業実践は、

将来の介護ロボットやエコカーの設計に繋がっているんだ

というぐらいの認識が必要であるということです。


子どもたちは、ものづくりが好きです。

すごく興味を示します。


だからこそ、ただ単なるものづくりにならないように気をつけたいものです。


前号で取り上げた、ものづくり学習ができる技術科だからこそ大事にしたい、

問う力「How」は、技術科の核となるものです。


そして、この「How」は、

他者との相互作用を通して練り上げられていきます。


ぼやきたくないですが、

くれぐれも子供たちの思考活動を停滞させないようにしましょう。

独りよがりのものづくりになりませんように・・・


でも大丈夫です。願いします。信じます。

全国で奮闘されている先生方の活躍を。


We say,we hope,we believe,yes,we can!




日本産業技術教育学会発行の「小学校からはじめる技術教育」には、

実際に小学校で技術教育に取り組んでいる実践例が紹介されています。

これは、文部科学省の研究開発学校の指定を受けて、

新教科「ものづくり科」としての実践例です。

ここで、注目したいのが、保護者へのアンケート集計結果です。

この「ものづくり科」という新教科の必要性について、

80%以上の保護者の方から「そう思う」「どちらかといえばそう思う」

という肯定的評価を得たということです。

中学校だけにある技術科は、やはり異例です・・・


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★
◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント