中学の技術科(技術・家庭科)の授業は学ぶ意義があるのか!
カテゴリー  [ 技術・家庭科と考古学 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

技術・家庭科と考古学

前に、卑弥呼の宮殿跡か、邪馬台国論争に決着か

などの見出しで記事を書きましたが、

テレビでもありましたね。

確か、「世界不思議発見」だったでしょうか。


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★


技術が先か科学が先かと大それたことは言えません。

ただ、歴史的にみても、

古代の建築構造物遺跡などの調査結果から

人間の手によって作られたことは間違いありません。

古代人は、おそらくテコを使って

重いものを動かしたりしたと考えるのが妥当では。

でも、力のモーメントや力学的法則が体系化される以前のことですから、

経験的にテコの原理が使われてきたのでしょう。


話はさらに遡って、

中学生の頃に習った打製石器はどうでしょうか。

ただ闇雲に石を割って製作したのでしょうか。


割れる方向を認識しているからこそ、

巧妙な石斧(せきふ)や石鏃(せきぞく)などが

製作できたのではないでしょうか。

それと、用途に適した材料についても認識があったと考えられます。

例えば、石鏃の材料である黒曜石です。


石鏃の原材料である黒曜石は、

日本の何箇所にしか産出されていなくて、

さらに産地ごとに特徴があるそうです。


でも、遺跡から出土する石鏃の材料である黒曜石をよく観察すると、

明らかに遠方で産出される黒曜石だったりします。


当時にも流通の概念があったと推測できます。

黒曜石の塊(かたまり)が物々交換されてたのかどうかは

わかりませんが、

遺跡から出土する黒曜石の破片をつなぎ合わせると

1つの塊になってしまいます。

明らかに、石鏃を製作する過程で飛び散った黒曜石の破片です。


他にもあげればいろいろあると思いますが、

大昔の人たちは、

生きる上で生活に必要な技術を

何らかの方法(経験的?)で習得していたわけです。


当時の人の「技術」はすごいと感心します。

まさに、生きるために生活に必要な技術です。


「技術」といえば、

高度に発達した現代の「技術」にスポットが当たるし、

実際の授業の中でもそうでしょう。



でも、「技術」は、いつの時代であれ人間が生きる上で

生活に必要な技術として発達してきたものである以上、

教材の拠り所として、

考古学分野も教材研究の対象にしてみてはいかがでしょうか。

すでに、やっているぞ・・・と言われればそれまでですが。




政治的話としてでなく、

単なるボヤキとして聞いてください。

政権党がチェンジしたからでしょうが、

教員免許更新制はどうなるんでしょうか。

すでに受講した先生方もいるというのに。

もう一つ、大学院まで卒業しないと先生になれないんでしょうか。

免許更新にしろ、免許取得修業年限引き上げにしろ、

そんな小手先の制度改革で教員の質が確保できるのかって。




人気ブログランキングに参加してます!☆★☆★☆★☆★



クリック応援お願いします!


★中学校の「技術・家庭科」アイテム一覧はコチラですよ★
スポンサーサイト
◆ 期末試験問題対策!
◆ 楽天人気ランキング
◆ カテゴリ


eワラント